会長挨拶

ご挨拶

第47回東日本小児科学会 会長 伊藤秀一この度、第47回東日本小児科学会の会頭を拝命し、2022年11月23日(水・祝)にライブ配信、および2022年11月30日(水)から12月28日(水)までオンデマンド配信のWeb 形式にて開催させていただきます。

本大会では『分水嶺に立つ小児医療』をテーマに、最新の臨床的学術情報、さらに現在小児医療が直面する課題に関連する教育講演と共催セミナーを企画しております。ひとりの小児科医として、現在のわが国のこども達と保護者達が置かれている環境や小児医療を取り巻く環境について俯瞰するとき、様々な生物心理社会的な課題が山積していることに気づかされます。出生率の低下、疾患構造の変化、格差の拡大、こどもの人権、都市部以外の医療体制、専門医教育など、様々な大きな変化のうねりが迫っています。新型コロナウイルスの世界的な流行は、その変化を加速させたことは間違いありません。一方、成育基本法の成立、子ども家庭庁の検討など、いくつかの明るい変化の兆しも見えて参りました。

今、まさに小児医療は、様々な意味で分水嶺に立っていると感じます。こども達の代弁者である小児科医は、社会に積極的に発信し行動し、良い変化をもたらす力を持っているはずです。この様な時期であるからこそ、現在の課題を冷静に認識し、進むべき未来を予測する事が大切です。

本大会では、小児科臨床の最新の検査・治療の話題に加え、成育基本法とこども庁、ポストコロナの感染症診療、データサイエンスの医療への活用、生物心理社会的アプロ―チなどについても、皆さまと議論を深めたいと思っております。

2022年3月吉日

第47回東日本小児科学会 会長
伊藤 秀一
横浜市立大学大学院医学研究科 発生成育小児医療学 主任教授